sun&sun blog

日々の小さな事やshopのお知らせなど。
<< 失敗 | main | ラムのヒート 2014秋 >>
ラム 病気か?
やっぱり記録しておこうと思う。

8月29日 夜11時半ごろ、そろそろ寝ようかと電気を消した。
後ろにいた夫が「ラム!どうした!!」「フラフラしてる!」
電気を点けて振り向いたら、腰から力が抜けたように
フラフラしながら「ギャンギャン!!」と夫に向かってる。
「どうした!!」と大きい声で言うので、余計に興奮しているようだ。
横になってお腹をなでてもらってたはずだ。
たぶん電気を消したタイミングで急に立とうとして
どこか痛めたのかもしれない と思った。

「すぐ治るだろうから、大丈夫だよ。」と声をかけた。
ラムは多分痛みとビックリしたのと、なんだか歩けない状況に
怒ってる気持ちと不安な気持ちが重なって、ずっと唸ってる。

私の方に来て足の間に座り込み、腕の下に顔を入れる。
普段なら「なでて」のサインだが、やたらに手を出すと流血する。
ここは声掛けだけで「びっくりしたね」「もう寝ようね」

ちょっと落ち着いたように見えた。

移動していつもの場所に寝に行く。

と、少したってヒョコヒョコ歩きだし廊下へ。
その先は階段なので落ちては大変とついて行ったら、
ベットに飛び乗り吐いた。
取りあえず廊下に柵をして安全確保。
この間ずっと歩き方が変なまま。


まずいな・・

ネットで何か病気かなと調べる。

そのうち夫が吐いた物を片付けに行った。
ラムはこれやるときいつも怒るんだよね・・

「ギャン!」とか言いながらベットから降りて
廊下の隅に伏せて唸ってる。。

とにかくこういう仔なので、人を近寄らせない。
落ち着くまでそのままと思い、見えない場所なので
聞き耳を立てながら様子を見る。

ウロウロする様子もないので、一晩様子を見ることにする。


翌日、いつものように元気に走ってる。

朝の散歩も普通に歩けてる。

これなら自転車に乗せて病院に行けそうだ。

お医者さんの見立ては取りあえずは様子見。
突発的なヘルニアかもしれないし、てんかんの可能性もあるが
今は普通に動けているので、次回の時には
顔の様子や失禁に注意するようにと言われた。

最近フロントラインをしてなかったので、検便と
薬を付けてもらいおわり。

台の上で落ち着きなく先生に甘えるのはいつもの通り。

私は落ち着いたおかげで抱っこもできるし、
こうやって診せに行けるんだな〜と感慨深い。

パニックになってるときには「なんとかしてよ〜」
の気持ちはあるんだろうけど、私に頼る まではいかない。
まあ、もっと簡単な事でも頼れないんだから当然といえば当然・・

いろんな問題点が露見した出来事でした。
| molasun | ラム | 16:07 | comments(0) | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ