sun&sun blog

日々の小さな事やshopのお知らせなど。
<< ここ数日 | main | あるワンコさん 脱走す >>
覚書 対提示って
歳の瀬のようなきがしない昨今。
でも確実にやってくる恐ろしいほどに忙しい年末。。
子供の時と時間の速さが違う気がするのは歳のせい??

チャーリーママさんのブログで、ワンコと暮らす上での色んなことを
教えて頂いているわけですが、
基本の「名前を呼んでおやつ」は対提示を使って、
感情に働きかけるというもの・・
これは古典的条件づけを使って・・・・・


む、ムツカシイ。。。
専門用語がなかなか身に付かない。

いつも「ツイテイジ?」「古典的・・?」「オペラント・・?」
と思ってしまう私。
これじゃ説明なんてできない感じ。。

まずは対提示を自分なりにやさしい言葉にできないかな〜。

これをずーっと考えていて。

覚書のつもりで書いてみようと思います。


名前を呼んでおやつ。

ワンコさんにとっては「ただの音」の人の言葉に
うれしい、とか 良い感情を乗っける作業。

まずはその仔の名前。

これは美味しいおやつを食べて幸せな時に
同時に耳から名前を聞くことで名前に幸せな気持ちを乗っけてしまう

私の考えではおやつを食べさせる、まさに食べてる瞬間に名前を呼ぶと
良いのではないかと思う。

これを常にすることで、名前を呼ばれると何をしていても
「な〜に?」と振り返ってしまう 
あるいはピューと走ってくる。そこまで条件づける。

AとBを同時に示す のが対提示。
色んな言葉や状況もこのAやBに入れる事が出来る。
悪い印象を持たせることもできちゃうので、
要注意。

いつの日かつづく〜。
| molasun | ラム | 22:49 | comments(0) | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ